「ひねる」と「ねじる」と「よじる」の違い

蛇口の画像

「ひねる」と「ねじる」と「よじる」は、回すという点では同じだが、回す方向や強さ、回数などに違いがある。

ひねるは、指先でつまんで回す。一方向に回す。軽く回す。一度だけ回すという意味。
ねじるは、棒状や糸状のものの両端をつかんで、互いに逆の方向に回す。力強く回す。繰り返し回すという意味。
よじるには、ねじ曲げるという意味がある。

ガス栓や蛇口、スイッチなど、簡単に回転するように作られたものには「ひねる」が使われ、「針金をねじる」や「ねじり鉢巻き」など、一方向でなく両端から回したり、力強さが必要な場合には「ねじる」が使われる。
スイッチや瓶の蓋などが固くなってなかなか回らなず、力が必要な場合には「ねじる」を用いる。
「よじる」は「ねじる」と同義語だが、ねじったものを更に曲げるという、「ねじる」よりも更に複雑な回し方をする際に使われる。

「手首をひねる」と言った時には、通常動く方向に曲げることを表し、「手首をねじる」は通常の動作では曲げない方向に回してしまった時に用いる。
「手首をひねると痛い」という場合は、骨や筋などに何かしらの問題が考えられるが、「手首をねじると痛い」のは当然のことである。

ひねるは、「考えをめぐらす」「工夫する」という意味で「頭をひねる」や「首をひねる」、「簡単にやっつける」「負かす」という意味で「軽くひねってやる」や「ひねり潰してやる」といった使われ方もする。
「赤子の手をひねる」は「赤子の手をねじる」とも言うが、「簡単に」の意味から、本来は「赤子の手をひねる」が正しい。

「ひねった関係」と言わず「ねじれた関係」と言うように、ねじるは「二つの方向」「複雑さ」を表す。

大笑いする時に言う「腹がよじれる」は、「まるで腹がねじ曲がったよう」という、笑い過ぎるとお腹が痛くなる感覚からの表現で、「ひねる」や「ねじる」よりも複雑な状態が表されている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「絞る」と「搾る」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
ねじるの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
捻る(ひねる)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
捩る(ねじる)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
捩る(よじる)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
捻るのことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. 天国へ旅立つ画像
    心肺停止とは、心臓も呼吸(肺の動き)も停止した状態。心音と呼吸の有無の確認でわかるため、誰でも心肺停…
  2. 都会のホームレス画像
    「住めば都」と「住まば都」は、響きは似ているが全く意味の違う言葉である。 住めば都は、どんな不…
  3. 高画質テレビの画像
    液晶テレビは、液晶が碁盤の目に並んだパネルを、バックライトと光の三原色であるR(赤)G(緑)B(青)…
  1. ダウンロード画像
    ダウンロード(download)は、インターネットなどの通信回線を使い、パソコンやスマホなど下位のコ…
  2. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  3. 特別史跡五稜郭跡の画像
    遺跡は、貝塚・古墳・集落跡など、過去の人類の営みが残された場所や、昔の建物や歴史的事件があった場所な…
  4. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  5. 異常な行動の画像
    異常とは、正常でないこと、通常でないことであり、反対語は「正常」。 異状は、普段とは違った状態、つ…
ページ上部へ戻る