「ねじ」と「ボルト」と「ビス」と「釘」の違い

ねじの画像

ねじ・ボルト・ビスは、物を締め付けるために用いる、らせん状の溝があるもの。
らせん状の溝があり、回転させて結合させるため、縦方向に抜けにくいという性質がある。

釘は、物と物を接合・固定させるために打ち付けて用いる、一端を尖らせた細い棒。
打ち込んで固定させるため、横方向からの力に強いという性質がある。

ねじは、大きく分けて2種類あり、側面にらせん状の溝が入ったものを「雄ねじ」、内面に入ったものを「雌ねじ」と呼び、一般にいう「ねじ」は「雄ねじ」を指していることが多い。
雄ねじの形状をしたものに「ボルト」や「ビス」があり、これらも「ねじ」の一種である。
ねじには、先が尖ったものもあれば、先が平らなものもある。

ボルト(bolt)は、一般に、内面にらせん状の溝が入った「ナット(雌ねじ)」と組んで使われる雄ねじを指す。
ナットと組んで使わないものも「ボルト」と呼ぶことがあるが、その場合は、直径が比較的大きく、先の尖っていない雄ねじを指すことが多い。

ビス(vis)は、「小ねじ」とも呼ばれるように、小さな雄ねじを指す。
ビスの先端は、尖っているものと、尖っていないものがあるが、多くは、尖ったものである。
小ねじの中で、「ねじ」と「ビス」の呼び分けが必要な場合は、先の尖っているものが「ビス」、先の尖っていないものが「ねじ」と呼ばれる。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
ネジの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
ねじの類語・同義語 – 類語同義語辞典
釘(くぎ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
釘のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. 名古屋の画像
    中部地方は、本州中央部に位置する地方で、「中部日本」ともいう。 中部地方には、日本海に面する新潟県…
  2. 神父の画像
    神父と牧師の一番の違いは、キリスト教の教派による違い。 神父は、カトリック教会や正教会(ギリシャ正…
  3. 富士山麓に茶畑画像
    日本茶(緑茶)の中で、最もよく飲まれているのが煎茶である。 煎茶は、新芽を摘んで蒸して揉み、乾燥し…
  1. 革命の画像
    社内の座を奪うために起こる「社内クーデター」、状態が急激に発展・変動する意味で使われる「産業革命」や…
  2. 顔面の怪我の画像
    皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と…
  3. 徳利とお猪口の画像
    徳利は、口の近くが狭くすぼみ、胴が膨らんだ形をした、陶製・金属製・ガラス製の酒・醤油・酢などを入れて…
  4. 生かさず活かすプリザーブドフラワー画像
    生かすは、死にかけたものを行き返らせる、生命を保たせる、死なないようにするなど、生命に関することを表…
  5. サンタクロースの画像
    クリスマスは、イエス・キリストの降誕を祝う祭りで、12月25日に行われる。 クリスマス・イブ(イヴ…
ページ上部へ戻る