「さける」と「よける」の違い

石を避ける画像

「避ける」には、「さける」と「よける」の読み方がある。
「さける」も「よける」も、好ましくない対象と関わったり接触したりしないよう離れて位置することをいう。
両語とも使える場合もあるが、一方しか使えない場合もある。

離れよう、差し控えようという、意識の部分に重点が置かれる場合や、対象物が抽象的な場合は、「さける」を用いる。
「彼は私をさけている」「人目をさけて暮らす」「渋滞をさける」などは、「よける」に置き換えることはできない。

身をかわす、脇へ寄るなど、対象物との物理的な接触を回避するための動作に重点が置かれる場合は、「よける」を用いる。
「刀をよける」「落石をよける」などは、「さける」に置き換えることはできない。

さけるは「意識」、よけるは「動作」に重点が置かれるため、「車をさける(よける)」「水たまりをさける(よける)」のように、対象物が具体的で両方の語が使える場面でも、ニュアンスには違いが出てくる。
「車をさける」といった場合は、対象物(止まっている車など)の存在をあらかじめ知っていて、接触しないようにしている印象が強い。
「車をよける」といった場合は、対象物(走ってくる車など)を瞬間的に判断して接触を回避している姿や、脇へ寄ったり身をかわすなどの動作を表している印象が強くなる。

よけるには「別にしておく」「除外する」という意味もあり、この場合は「除ける」と書くのが一般的である。
さけるにはこの意味がないため、「嫌いな食べ物を皿の隅へよける」や「不良品をよける」を、「さける」に置き換えることはできない。
「不良品をさける」という表現が使われない訳ではないが、その場合は「別にしておく」「除外する」という意味ではなく、「回避する」という意味になる。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
避ける(さける)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
よけるの類語・同義語 – 類語同義語辞典
避けるのことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. 磁器の花瓶画像
    陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方…
  2. マナティーの画像
    海牛目(かいぎゅうもく)もしくはジュゴン目に分類される海生哺乳動物は、ジュゴン科とマナティー科の2科…
  3. 宮城野区蒲生の画像
    天気・天候・気候は、ある地域の晴雨・気温・湿度・風などの状態・状況を表す。 気象は、大気の状態・変…
  1. ソーセージの画像
    ソーセージは、塩漬けした肉に香辛料で味をつけ、すり潰して湯煮や燻煙・燻製した保存食品。 腸詰めして…
  2. 教室の画像
    専修学校は、小中高校・大学・高等専門学校(高専)・盲学校・聾学校・養護学校・幼稚園など、学校教育法第…
  3. アニメ漫画の画像
    漫画とは、絵と文字で表現された物語のこと。 アニメとは、アニメーションの略で、動作や形が少しずつ異…
  4. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  5. 宮城野区蒲生の画像
    天気・天候・気候は、ある地域の晴雨・気温・湿度・風などの状態・状況を表す。 気象は、大気の状態・変…
ページ上部へ戻る