「うるう年」と「うるう秒」の違い

2月29日0時前の画像

うるう年とは、太陽暦と地球の自転速度が一致せず、調整するために1年を366日とする年のこと。
平年は365日であるが、地球が太陽を一周するのは、365日5時48分46秒であるため、ほぼ4年に1回、2月の日数を29日として調整される。(うるう年の計算方法は語源由来辞典を参照)

うるう秒は、うるう年で追加された1日でも調整しきれない分を追加するものと思われがちだが、暦の調整をするものではなく、時刻の調整をするものである。
また、うるう秒は、うるう年のように決まった周期で行われるものではなく、不定期で適宜導入されるものである。

うるう秒とは、原子時計による標準時刻と、地球の自転速度との誤差を調整するために、追加・削除される1秒のこと。
現在、私たちが使っている時刻は、精確に時を刻むセシウム原子時計を基準としているが、地球の自転速度は不規則であるため、原子時計と天文観測による天文時に誤差が生じる。
この誤差を調整しなかった場合は、50年間の累積で30秒、100年間の累積で100秒程度と試算されており、更に長い年月進めば、昼と夜の時刻が逆転する可能性もあるため、誤差が0.9秒以内に収まるように調整されるのが「うるう秒」である。

うるう秒の調整は、12月か6月末日の最後の秒に行われ、それでも調整しきれない場合は、3月末か9月の末日の最後の秒で行われる。
地球の自転が遅い場合は、59分59秒の後に59分60秒を挿入し、自転が速い場合は、59分59秒を飛ばして0分0秒にする。
ただし、世界時と日本時間では、日本時間の方が9時間進んでいるため、日本では午前8時59分の最後の秒で調整が行われる。

なお、自転速度はだんだん遅くなっているため、1秒飛ばす調整方法が行われたことはない。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「時」と「時間」と「時刻」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
うるう年の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
閏年(うるうどし)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. うだるような暑さの画像
    一日の最高気温がセ氏25度以上の日を「夏日」、30度以上の日を「真夏日」、35度以上の日を「猛暑日」…
  2. 岐阜羽島駅の画像
    出生地は、生まれた土地のことで、戸籍謄本に記され、法律的にも明確なものである。 出身地の解釈に…
  3. 零戦の画像
    数字「0」の読みには「ゼロ」と「れい」がある。 ゼロは、インドで生まれた概念がヨーロッパに伝わり、…
  1. 津波で流された家の画像
    洪水・土砂災害・津波・大規模火災・原子力災害など、災害に関する避難情報には、危険度の低い順から、避難…
  2. 石を避ける画像
    「避ける」には、「さける」と「よける」の読み方がある。 「さける」も「よける」も、好ましくない対象…
  3. スケッチする女性の画像
    デッサンは、フランス語の「dessin」から。日本語では「素描」と訳される。 鉛筆や木炭・コンテな…
  4. 竹林の画像
    木も草も、光合成によって成長する植物。 一般に、木は大きく高く育ち、草は小さく低く育つというイメー…
  5. 迎春の画像
    年賀状の冒頭に用いられる賀詞には、「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」などがある。 その他にも…
ページ上部へ戻る