「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」の違い

すだれの画像

簾(すだれ)は、材料に細く割った竹や葦(ヨシ)などを並べて糸で編んだもので、日よけや目隠しなどの目的で使われるものの総称である。
葦簀(よしず)は、「よしすだれ」とも言うように簾の一種だが、材料に葦が使われ、大型で軒先などに立て掛けて使うものを「葦簀」と呼び、簾と区別される。

簾には、地面に対して横方向に垂らすように使う「掛け簾」と、地面に対して縦方向に立て掛けて使う「立て簾(たてす)」があり、葦簀は立て簾に含まれる。
そのため、ブラインドカーテンのように、窓などに吊るして使うものは「簾」、軒先などに立て掛けるものは「葦簀」と分けられるが、材料に竹などが使われている場合は「葦簀」ではなく、「立て簾(たてす)」と呼ばれる。

ただし、天然材料ではなく、樹脂製のものも増えてきたことから、最近では、小型で窓などに吊るして使うタイプを「すだれ」、大型で立て掛けるタイプを「よしず」と呼び分けられることも多くなっている。

葦簀と簾のメリットとデメリットというほどではないが、用途の違いから次のような違いもある。
葦簀は窓全体をおおうことができ、水をかけて更に温度を下げることができるため、簾よりも涼しくなるが、外に置くため腐食しやすく、大型で保管が不便である。
簾は室内に掛ければ腐食もしにくく、年中掛けておくこともでき、小型で保管にも便利だが、涼しさの面では葦簀に劣る。

関連記事

  1. コック帽の画像
    コックは、西洋料理や中華料理の料理人のこと。 オランダ語の「kok」に由来し、英語では「cook」…
  2. 披露宴に華を添える花画像
    一般には「花」を使い、「華」はきらびやかなもの、美しいもの、すぐれた性質の比喩に多く使われる。 …
  3. イヌワシの画像
    鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ・トンビ)は、全てタカ目タカ科の鳥で、見分け方が難しい。 一般…
  1. レッドリボンの画像
    HIVは、「Human Immunodeficiency Syndrome」の略で、ヒト免疫不全ウイ…
  2. 意志を貫く石の画像
    意思も意志も、ドイツ語で「~したい」を意味する助動詞「whollen」を名詞化した「wille」の訳…
  3. ミネラルウォーターの画像
    水1リットル当たりに含まれるカルシウムやマグネシウムなどの含有量を「硬度」と言い、硬度の値によって「…
  4. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
  5. オレンジの画像
    オレンジを大きく分けると、スイートオレンジ、サワーオレンジ、マンダリンオレンジに分類され、日本で単に…
ページ上部へ戻る